縞馬は青い

縞馬は青い

映画とかドラマとか、好きなもの

今泉力哉『有村架純の撮休』第6話:好きだから不安

f:id:bsk00kw20-kohei:20200425191655j:image

有村架純の撮休』がとんでもなくおもしろい。有村架純有村架純としてそのまま本人役を演じるこのドラマでは、是枝裕和今泉力哉砂田麻美ふじきみつ彦といった名監督/脚本家たちの手によって有村架純の日常にそれぞれが考える「物語」が被さり、そのことで有村架純の多面的な魅力が浮き彫りになっている。

是枝監督回の第1話「ただいまの後に」では(実際の地元である)兵庫への帰省や(風吹ジュン演じる)母親との滋味深きやりとりが描かれたり、今泉監督回の第2話「女ともだち」では(伊藤沙莉が演じる)親友とのごく自然的な会話、ささやかな連帯感が示されたりして、作家によって「有村架純の撮休」へのアプローチはさまざま。最近勢いがある本田翼や川口春奈佐藤健がやっている俳優YouTubeが、ある種「物語」(演じること)から解放された姿が映っていることで特異性を得ているのとは対照的に、本作では作家たちが考える「物語」や「演じること」を通して、有村架純の魅力が最大化されている。一見不思議な対比関係のようでもあるけれど、俳優YouTubeというリアルが見えた今だからこそ、より“俳優を俳優たらしめる”こうしたフェイクドキュメンタリーのような作品も初々しさを増しているのだと思う。

第6話は監督・脚本ともに今泉力哉。彼氏がいるという設定や好きな人をめぐる会話劇、11分にも及ぶ長回しなど、ここでもなんとも愛らしい今泉映画の香りが有村架純という人と日常のなかを漂っている。有村架純はとても魅力的に撮られているし、彼氏役の渡辺大知はちょっと今までに見たことがない色気を放っていて最高。渡辺大知の元カノ役の徳永えりも、病床に付している役どころなのにめちゃくちゃキュートだった。さすがは役者の魅力を最大化させることに長けた今泉監督。クイックジャパンのロングインタビューでもこう語っていた。

常にその役者の代表作に並ぶような映画を作りたいなっていう意識がありますね。あと、役者をいかに魅力的に見せるかを大事にしたほうが、結果的に作品自体も面白くなると思うんです。ーー『クイック・ジャパン Vol.149』

「成長を描きたくない」「必ずしも主人公が成長する物語ばかりでなくてもいいのではないかと」ということを今泉監督はTwitterでも、キネ旬QJなどの最近のインタビューでも常に語っていて、そうした非成長主義の作風が及ぼす作品や人への“肯定感”が、有村架純というある種神聖視されそうな人にも身近な人間味を与えていたりする。

第6話の面白いところは、「休日の予定」がどんどんすり変わっていくところ。彼氏と外でランチをするはずが(店を探すシーンも描いておきながら)、徳永えりから届いた結婚式への招待状を見つけたことを契機に彼氏への不安や嫉妬が湧き上がり(お湯が沸騰する描写)、「普通」に関する会話劇が展開され、なぜか徳永えりが入院しているという病院に一緒に行くまで。特別大きなことが起きるわけではないけれど、ある意味予測不能な展開。これも今泉作品に共通するもの。

今泉力哉監督の作品とは「旅」なのではないだろうか。それも、行き当たりばったりで予測不能で、偶然誰かに会っちゃったりして、そして最終的には元いた場所に「なんの成長もなく」戻ってくるまでを描いた。『インターステラー』のような大きな映画とはまるで正反対だけど、同じ“行って帰ってくる”映画。行って帰ってきたり、同じところをぐるぐるまわることで、元いた場所の魅力に気づく。変わらずにあるその日々に感謝する。その肯定がとても気持ちいいし、その世界に生きる有村架純も最上級にかわいい。