afternoon Good

エンターテイメントの観客として

相米慎二『お引越し』

f:id:bsk00kw20-kohei:20170716160015j:plain

なぁお父さん、もうあかんの?

主人公のレンコは父親と一緒にバイクにまたがり背中にぎゅっとしがみつきながらそう尋ねる。しかし父親からの返事はない。背中の温かみを感じつつも父親の顔色を伺うことはできない。もうあの頃に戻ることはできないの?あの幸せだった過去はどこへいってしまうの?子供から大人へと突きつけられ誰も答えることができない、この儚い人生へ向けた問い。レンコはこの問いの答えを求めて走りだす。これはある少女と私たちがぶつかった、あの頃の「夏休みの宿題」。

 

両親の別居前夜から物語は始まる。風変わりな三角形の食卓を囲むのは、父と母とその娘のレンコ。この家族にとっては最後の晩餐であるけれど父と母は互いに目を合わせて話すことはない。

食卓で 

会話の弾む 

明るい家庭

レンコは過去の、幸福に満ち溢れた食卓を思い出しながら、川柳を詠むようにそう言葉を発する。しかし冷めきった夫婦はこの字余りな思いに応えてあげることはできない。どちらかが席を立たなければいけないという悲哀の演出も顕著だ。ついに父親は家を出てしまうが、レンコはどうにかして過去の幸福を取り戻そうと奮闘する。

早く梅雨、明けたらいいのになぁ。雨なんて大っ嫌いや。 

雨空を仰ぎながらそう呟いたレンコは、時を逆戻りするように逆立ちをして、この世界への反抗の意を表する。

 

この映画の舞台が夏休みの始まる少し前、つまり、梅雨が終わるか終わらないかという絶妙にもどかしい季節に設定されている点で目指している場所は容易に想像がつくかもしれない。前半部分では雨がよく降り、レンコの心は荒れ模様だ。中でも、レンコと似た境遇の同級生が、父親に会いにいったら別の人との間に子供ができていたという悲しみのエピソードを語るシーンとそこでの雨の演出が忘れられない。

サリー「春休み来ないかって電話あって、どんな女か見てやろうと思って、‥‥パパ、 別なひとと結婚したんだ。‥‥ママに内緒で行った。前、住んでた家、すごく懐かしかった。パパの新しい奥さんに挨拶しようと思ったんだ。パパをよろしくお願いしますって。だけどいなかった。」

レンコ「どこ行ったん?」

サリー「病院。」

レンコ「えっ?」

サリー「入院してたんだ、赤ちゃんが生まれるから。」

 その衝撃の告白があった後、土砂降りの雨が降り始めレンコは坂道を走って下っていく。

 

 

そんなレンコの荒れ模様も、時が経つにつれて変化が訪れる。過去の亡霊であるキリンのぬいぐるみは落下し、梅雨は知らぬ間に明けていた。夏休み、レンコと母は1年前に家族で訪れた琵琶湖に再び旅行に出かけるが、やはり家族は再生することができない。見兼ねたレンコは行くあてもなくひとり冒険に出かけ、そこで年老いた男性に出会い、人生の教訓を得る。

昔の思い出っちゅうんは、片手で数えられるくらいで十分や。

そう言われてレンコは指をおる。

足りひん。

片手では数えきれない幸福な思い出の数々。ここでレンコは、幸せな思い出が渋滞していることに気づくのである。

 

過去と決別するクライマックスでの不思議な出来事は何にも形容しがたく、大好きとしか言いようがない。映像で見せてやる、と言わんばかりにセリフがほとんど取り払われ、別世界にでも連れていかれたかのような不思議な世界観(実際、死者の世界にも見える)に少女と私たちは身を預ける。レンコが眺める海の先にみえるのはかつての楽しそうな3人家族。やがて、去っていく両親を見て憂い叫ぶ過去のレンコを1年先輩のレンコは強く抱きしめ、「おめでとうございまーす!」と海に向かって甲高に幾度となく声をあげる。染之助染太郎の言葉を真似たようなこの言葉は大人への一歩か、はたまた自らの不幸を温かく抱きしめる賛辞か。なんにせよ、レンコは過去との決別に成功し、ようやく未来へ向かって走り出す。

 

 

この人生は辛いことも幸せなこともいっぱいある。でも全ては過ぎ去ってしまうという逃れようのない時間の儚さ。相米監督は優しい眼差しで、力いっぱい生きていく少女を映し出しながら私たちの儚い人生をも肯定する。幼き田畑智子が演じた少女の逞しい姿は目に焼き付いて離れない。シーンを重ねるごとに成長する彼女の演技はこの映画のテーマとも呼応していて素晴らしかった。今後、夏映画としてこれ以上のものを生み出せるだろうか(反語)。今後も夏になれば必ずこの映画のことを思い出してしまうんだろうな。相米監督、素晴らしい作品をありがとうございます!

 

www.youtube.com

ポン・ジュノ『オクジャ/okja』

f:id:bsk00kw20-kohei:20170630230959j:plain

ポン・ジュノ大監督のNetflix配信限定映画。

今作『オクジャ/okja』は、青春友情映画から始まり、スパイアクション、クライムアクションを経て家族映画へと向かう、全編にコメディとラブストーリーが充満した最強の多ジャンルスーパーエンタメ映画。約30分ごとに作品の雰囲気が変わっていくので飽きない、とにかく面白い。

そして驚いた。「オクジャ」という巨大な生物(豚)と一人の少女「ミジャ」が森の中で独自のコミュニケーションを交わしながら暮らしている。ポンジュノらしからぬ完全にファンタジーの世界のお話で、ハートフル且つめちゃくちゃ笑える作品だと肩の荷を下ろして見ていたら、実のところは凄まじい社会風刺が繰り広げられているのである。笑えるのに笑えない、心温まるけど怖い、というごちゃまぜの感想を生み出してしまうところが堪らない作品だ。


好きな点を挙げていくとキリがないので1つだけに絞る。「ミジャが英語を喋る」シーン。そのシーンは2つあり、1つ目はニューヨークで綺麗な服に着せ替えられようと服を触られた時に発した「Don't touch!」、2つ目はオクジャが殺されようとしている工場でナンシーへ訴えかけた「Why you want to kill Okja?」と「I wanna go home with Okja.」である。この発話がなんとも可愛らしいのはさておき、つまるところ、私たちを放っておいて!!とわざわざ英語を習得してまで懇願しているのである。(「バカでも話せる英会話」を読ませミジャ=子供=バカを肯定していく点も良い。)

f:id:bsk00kw20-kohei:20170630231046p:plain

この悲痛な訴えが通じたわけではなかったが、オクジャとミジャ(と子豚)はホームへと帰ることが許される。金の豚との交換によってミジャとオクジャは結ばれ、2人の母親と子は家族として独自の世界を生きていく。ラストシーン、オクジャがミジャの耳元で囁いた言葉。僕はなんとなく「サランヘヨ」に聞こえました。


余談

森へと回帰したラストシーン、ミジャが白い服を着て寝ているというのが少し怖いですね。こういった、現代では狂気的とも見なされる家族はこの世では生きていけないのかもしれません。

李相日『怒り』における田中(森山未來)について

f:id:bsk00kw20-kohei:20170616175352j:plain

昨年の個人的ベストムービーがこの作品でした。映画館に2度足を運んだことで見えた森山未來が演じた「田中について」、映画レビューアプリfilmarksに記したものから抜粋したいと思います。

 

田中(森山未來)はみんなが思ってるより悪い奴じゃないんじゃないだろうか。そういった疑問から生まれた考えです。

⚠︎犯罪心理学を学んだ訳でもないので以下妄想(笑)。

 

 

見た人の間でも口々に言われているのが「田中の犯行動機が分からない」ということ。もちろん殺人というような"常軌を逸した行動"を普通の人間が理解できるはずもないのだけど、それでもこの映画では、殺人犯の犯行動機を一般人でも分かるように比較的やさしく教えてくれていたように思う。

 

一言で言うとそれは"怒りの蓄積"である。この映画では、主要人物の内のほぼみんなが語る言葉があるのだが、それは

【叫んだって伝わらない。本気の感情であっても、分かろうとしない人に言ってもその人には伝わらない】というような言葉である。妻夫木とマツケン以外はみんなこのような言葉を要所で発していた。

そしてこの言葉を体現したのが田中の行動であった。具体的に田中の怒りの原因は語られないので分からないが、これらの言葉を聞いた後では、誰かに言っても伝わらないような"怒り"が積み重なり、些細なことが引き金になって犯行に及んでしまったということが想像できる。時間軸としては後だが、その"怒り"の例として出てくるのが沖縄基地問題や泉ちゃん(広瀬すず)の事件である。

 

あの事件のシーンをしっかりと見ていると、「ポリース!ポリース!!」と叫んでいた声の主が森山未來だという事ははっきり分かったし、パンフレット等のインタビューを見ても、「助けようとした」方の発言が真の感情であって、最後に語られる嘲りの含まれた発言は偽物の感情だったということは明らかである。真の発言をしている時には涙も流れており(嘘なら涙まで流す必要はない)、あの事件のせいでまたもや怒りを溜めてしまったことだろう。

 

では、なぜ彼は最後に偽の発言をしたのか。これは憶測でしかないが、田中は辰哉くんに真の理解者(信用してくれる人)となる事を望んでいたが、田中自身が辰哉くんを信用することが出来なかった。だから嘘をついて引き離そうとした、あるいは、嘘をついてもなお信用してくれる事を望んだのかもしれない。

この映画で1番人を信用したのが辰哉くんで、

1番人を信用出来なかったのが田中だった。

田中の行動次第では最後に分かり合うこともできたが皮肉にもすれ違ってしまった。そうゆう切ない話だったのかもしれない。

 

結局ここまで書いてみても、殺人犯の気持ちは分からないし、この映画が伝えたいことも真には分からない。でも大事なのは「分かろうとすること」ではないか。分かろうとしない者には何も伝わってこないし、人を傷つける要因となる。「分かろうと努力したい」、そう思った。

 

 

森山未來は演技がうますぎるが故に最後は観客にサイコパスだと思われ、嫌われたまま死んでいきます。でも僕には少し分かりました。彼は寂しい人間だったのだと。他の登場人物以上にこの役は森山未來にしかなし得ないものだったと思います。素晴らしい映画に素晴らしい役者陣。文句なしの傑作です。

 

 

 

トッテナム・ホットスパーについて

f:id:bsk00kw20-kohei:20170616174204j:plain

イングランドプレミアリーグ201617シーズン

2位で終えるという最高のシーズンとなった。私はシーズン前半戦のノースロンドンダービーを現地で観戦することができました。今までにない強さを見せつけていったスパーズの強さを生で体感することができたのは、これからも続いていく「スパーズサポ人生」の中でも大きな経験になったのではないかな。そしてスパーズにとってこのシーズンは「“強かった”シーズン」で終わるわけはないと思う。スパーズは、ここから、さらに強くなる。そう感じました。 

f:id:bsk00kw20-kohei:20170616172425j:plain

 

私がトッテナム・ホットスパーFC(以下スパーズ)を知り、応援し始めてから実に5年の歳月が経とうとしています。5年前の201213シーズンと言えばベイルが在籍した最後のシーズンであり、FCベイルとまで呼ばれるほどベイルがとにかく無双していた時でした。私は、そのベイルを中心とした「攻撃の速さ」、たまに格上チームにも圧倒的な強さを見せつけ勝利する(、そしてそのすぐ後に格下にボロ負けする)「エンタメ性」、そして、“サッカーにわか”であった私は、あまり有名なチームではないのではないかという「サブカル感」を感じ取り、見事に魅せられてしまったのです。今となっては、プレミアリーグ20チームの中からスパーズを応援することになったのはまさに奇跡ではないかと感じていますがもちろん後悔はありません。5年前は想像することも難かったことが起きているのです。スパーズは首位争いをしている。スパーズの「プレミア制覇」を見る日も近いのではないでしょうか。

 

f:id:bsk00kw20-kohei:20170616173240j:plain

今シーズンのスパーズを振り返る前にWikipediaで過去のスパーズについてリサーチしていたら201011シーズンにはチャンピオンズリーグに出場していてベスト8まで駒を進めていたことを知りました。ファン・デル・ファールトルカ・モドリッチがいた時代のスパーズも見ていたかったなぁと思うけど、その時代よりも今のスパーズは強いという現実。スーパースターはいないけれど若いタレントは揃っている。若さとエンタメ性を保ち続けているスパーズ、「変わるものと変わらないもの」を意識させるこのチームのことは一生応援していくことになるでしょう。

 

今シーズンのスパーズを振り返ろうかなとも思ったけど今更感がすごいですし、そもそも総括する技術など要していなかったのでやめておきます(笑)。本日21時からSportsnaviLIVE『ぶちまけ!スポーツトークライブ』にて今シーズンのノースロンドン2チームについて振り返っていただけるようなのでそちらを見て勉強したいと思います。

sports.mb.softbank.jp

とにかくウェンブリーをホームに構える来シーズンのスパーズにも期待しましょう!